Category: 開発

気になるIT業界の動向と需要の変化

PHPは、Web業界を中心として活用が進められてきた言語だ。PHPだけ使えればWeb業界でプログラマ二もエンジニアにもなることができるが、現状としてはPHPのスペシャリストの需要はやや低下している。Web業界でのPHPの需要は高く、昔から開発されてきたWebシステムではPHPで作られていることが多いのが理由だ。過去に開発されたシステムのトラブルシューティングをしたり、アップデートをしたりするときにはPHPが欠かせない。
また、過去に制作したWebアプリを連携するときなどにもPHPを併用する必要が生じることが多いため、PHPを使えるエンジニアやプログラマの需要自体は高い。実際、東京のエンジニア市場においてもPHPは人気が高く、首都圏で需要のある開発案件として求人数が増加している。

しかし、PHPのみでWeb開発を進めるケースが少なくなってきた影響で、他の言語も使える人材が求められるようになってきたのが現状だ。高度なシステムの開発が要求されることが多くなり、PHPだけでは対応できないことが増えている。そのため、JavaやRuby、CSSなどを使い分けて適切なWeb開発を進める必要性が高まっているのが現場の状況なのである。

これらの全ての言語を使えなくとも問題はなく、いくつかの言語を組み合わせて使えるスキルセットがあればエンジニアもプログラマも重宝されている。
ただ、PHPだけは必須とする求人も多く、今までずっとWeb開発の中心を担ってきた言語だからこそ需要が高いのは明らかだ。
まだPHPのみしか使えなくとも求人を見つけることは可能だが、将来性について考慮して他の言語も学んだ方が良いと言える状況になっている。